Feldstein Winery

イスラエル沿岸部 Coast & Carmel

Adir Winery_logo.jpg

このワイナリーは同名でアビィ・フェルドシュタイン氏が立ち上げたワイナリーです。
ベングリオン空港から西へ2Kmほど行った場所にあります。
ここはエステートではなくブドウはJudean HillsやGalileeなどのものを使っています。
アビィ・フェルドシュタインは、今日のイスラエルのワイン業界で最も魅力的な人物の1人と言われています。

彼は1980年代初頭、さまざまなバーで働き、経営したときに、アルコールとワインの世界でキャリアをスタートさせました。その後、Tadmorの現場で教鞭をとり、HadashotやHa'aretzなどの新聞に寄稿し、さまざまなプロジェクトでワイナリーや輸入業者のコンサルタントを務めました。
1985年からSegalワイナリーのチーフワインメーカーとして20年間勤めました。
Segalワイナリーの開発主任の時にはガリラヤ地方でのブドウ栽培に力を入れ、苗から管理栽培において技術と品質の向上で力を発揮しました。彼のプロジェクトは他のワイナリーにも影響を与え、ガリラヤの品質に対する意識の高まりにつながり、その後、国のこの地域でのブドウ園の植栽の増加につながりました。

90年になるとSegalのチーフワインメーカーに任命されます。(数年後バルカン・ワイナリーに買収される)
1988年にイスラエルでは初となる「Segal unfiltered」の考案者としても有名です。
またイスラエル品種の”アルガマン”(Argaman-ארגמן)をガリラヤで栽培しその手腕を認められます。
国際ワイン・ヴァイン・アソシエーションOIVの支援と監督の下、ボルドーで開催された名門のTrophee Citadellesワインコンペティションで、アッパーガリラヤのDovevブドウ園のArgaman Rechasim 2007が、2006年と同じワインで最高のメダルを獲得しました。

長年にわたり、自分のポジションと並行して、彼はワインの世界を研究しました。世界中のアルコールブランドの輸入業者だったシーガルワイナリーのお陰で、彼は世界で起こっていることに触れました。これにより、彼はSegalWineryとKibbutzAmiadのコラボレーションであるMeromGalilWineryのワインメーカーを務めることになりました。

2015年、フェルドスタインはテンポグループ傘下のブティックワイナリーの設立に着手し、長年にわたってBARKANワイナリーとSegalワイナリーを買収してきました。長い時間とお金を投資したにもかかわらず、最後にワイナリーを設立しないという決定がなされました。
「それが起こったとき、道路を変える必要があることは明らかでした、そして私は自分で夢を追求するために着手しました」とフェルドシュタインは言いました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

1/0