GVA'OT Winery

イスラエル中東部 Central Mountains

Adir Winery_logo.jpg

グバオット・ワイナリーはサマリア地方にあります。

同ワイナリーは2005年、ヘブライ大学農学部果樹園学部博士でユダヤ教ラビのツェファニヤ・ドローリ氏の息子のエリヤシューブ・ドローリさんと娘婿でビジネスマンのアムノン・ワイスによって作られました。


ドローリさんはアリエル大学の農学者でブドウ栽培とワイン醸造学の研究者でもあり、チーフワインメーカーです。浸しい仲間にはシビとよばれています。


グバオットワイナリーは、イスラエルのサマリアの中心部、ナハルシロのほとり、海抜約800mのギバットハルエル丘陵にあり、この丘陵地帯では古代の伝統でブドウ栽培に成功しています。

高度な技術と独特のテロワールの組み合わせにより、特に高品質のブドウの木が育ちます。この特別な条件により、ワイナリーは独特の特徴と風味を備えた高品質のワインを生産するというビジョンを実現できます。


ただし設立当初は土壌が不足していたため、ブドウの木の間隔は非常に密に植えられ、その結果ブドウの収穫量は少なかったそうです。


ワイナリーはコーシェル規定で、すべてのワインボトルに宗教的な配慮と注意を払い、製造プロセス全体を通じて高い品質基準を維持しています。

熟成過程ではブドウのアロマとフレーバーを最適に保つために、ゆっくりと冷やして発酵させ、特にエレガントなワインを作ります。


年間生産量は現在約65,000本でしばらくはこの規模で回してゆくようです。

2006年のワイナリーの生産量7,500ボトルで、2015年の時点ではヴィンテージごとに約30,000ボトルになっています。


以下はグバァオット・ワイナリーのサイトにあった一分です。

作家のロバート・ルイス・スティーブンソンはかつて「ワインは瓶詰めの詩です」と言いました。グヴァオットワイナリーの作品は、何千年にもわたって遡るルーツを持ち、サマリアの地への最高のオードを表しています。


ちなみにウィキで少し調べました。

このロバートさんワインが大好きだったようです。

1883年に新婚旅行でNapa Valleyに行き、カルフォルニアワインの発展を予見していたとか。

↑本当なら凄い方ですよね。

そして1894年奥様と会話中にワインの栓を開けようとして脳溢血でなくなっているようです。

↑ワイン好きなら本望という感じでしょうか?

設立:2005年
年間生産量:65,000
地域:イスラエル中部、Shomron
住所:8 Ha-Meyasdim St, Bat Shlomo, Israel
TEL:+972-50-725-0806

Kosher:〇
ビジターセンター:〇 要予約 
日‐木 9:00~17:00
金  9:00~12:30
定休日:土

1/0