Search

GVA’OT GOFNA Reserve Bittuni 2019 יקב גבעות


”土着ワイン復活を目指す”



ワイン詳細

ワイン名:GVA’OT GOFNA Reserve Bittuni 2019

葡萄種:Bittuni

ブレンド比率:100%Bittuni

ブドウ産地:Jerusalem Mountains、900m、灌漑無し

生産年:2019

使用樽:フレンチオークバレル

熟成期間:12ヶ月

醸成法:手摘み

コルク:天然

飲み頃温度:16-18℃

容量:750ml

ABV:13%

Acidity:gr/ltr

PH:

値段:145シェケル

その他:Kosherボトルナンバー0736/1500

飲み頃:ワインは収穫後約2年でピークに達し、適切な条件下で6〜8年間成長し続けます

テイスティング日:2021/11/6


私評

色は薄い目の赤紫色。

ハッカ、青リンゴ、ミントっぽいアロマです。普段飲むイスラエルワインでは珍しい香りがしますね。

強い酸味があります。オークっぽさと独特の渋みが味わえます。

ワイナリーのテイスティングでは、イスラエル版ピノ・ノワールと言ってましたが、どうでしょう?!(汗)

微妙だな~。似て無いと思いますが(笑)

終始酸っぱさがリードするワイン。土着品種は食用ブドウだったという事も聞いていますが、共通してるのは薄いテクスチャと薄い味わい。

熟成期間が必要なのか、はたまた空気に触れる時間が必要なのか?

若くまだ飲み頃と言えない感じです。

たぶん熟成時間とかではどうにもならないブドウ品種?

自分の苦手なタイプ。

ブレンドに使って行く方が良いと思うのは自分だけでしょうか?



ロゴとエチケット

ロゴは分かりやすい文字タイプ。

エチケットは2パーツに別れてます。上部は黒い丸いシール、メインはその丸い部分が重なるようにカットされてます。黒い丸いパーツ、グラス?たぶん古代イスラエルのワインに関するアイテムだと思います。メイン部分は落ち着いたクリーム色、シンプルに仕上がっています。全体的に品のあるデザインに仕上がっています!


左のエチケットは同シリーズのカベソの物です。










ワイナリー情報

ワイナリー名:GVA’OT Winery

設立:2005年

地域:イスラエル中部、Shomron

位置:GVA’OT

年間生産量:65,000

Kosher:◯

Winemaker:Dr.Shivi Drori

ビジターセンター:あり/要予約

https://gvaot-winery.com/


ワイナリーのフレーズ

Bittuni品種は、古代イスラエルの土着品種の葡萄です。

特徴として、房は中位サイズ、粒は大き目、十分の糖分と酸味を持ち、成長力と繁殖強度があります。

別名バルッティ、もしくはシンジャリとも呼ばれてます。ワイナリーそばのスィンジュル村で発見されたからかもしれません。


品種は中程度のクラスターで、つぶも比較的大きく、および高い成長強度と繁殖力によって特徴付けられます。 この品種は、ワインを生産するのに十分な量の砂糖と酸を蓄積し、ピノノワールを彷彿とさせる独特の香りを持っています。



受賞

Decanter2021

Robert Parker

TerraVino

Mundus Vini

ESHKOL HAZAHAV

Wine Enthusiast

Tasting Panel

Wine Spectator

ULTIMATE WINE CHALLENGE



31 views0 comments

Recent Posts

See All